東京創元社ホームページ

2017/04/25 20:07
2017/04/24 19:52
2017/04/18 19:49
2017/04/05 20:14
2017/04/03 19:57
2017/03/27 20:35
2017/03/27 20:30
2017/03/15 20:24
2017/03/15 20:19
2017/03/06 20:44
2017/02/27 21:06
2017/02/15 20:21
2017/02/15 19:45
2017/02/07 20:01
2017/01/26 19:51
2017/01/23 20:58
2017/01/20 19:52
2017/01/16 19:53
2017/01/05 19:59
2016/12/26 20:15
2016/12/15 20:05
2016/12/05 20:27
2016/12/01 16:52
2016/11/25 20:31
2016/11/24 19:54
2016/11/21 20:40
2016/11/15 20:40
2016/11/14 21:17
2016/11/07 20:05
2016/11/04 16:03
2016/10/27 19:48
2016/10/25 20:24
2016/10/17 21:03
2016/10/14 19:59
2016/10/12 19:52
2016/10/11 20:09
2016/10/07 20:53
2016/10/06 21:25
2016/09/26 20:52
2016/09/21 20:51
2016/09/15 20:16
2016/09/06 20:51
2016/09/06 20:26
2016/08/25 20:47
2016/08/17 19:56
2016/08/09 19:58
2016/07/25 20:18
2016/07/22 19:58
2016/07/15 20:04
2016/07/13 20:53
2016/07/05 19:48
2016/07/01 21:57
2016/06/27 19:51
2016/06/16 19:53
2016/06/13 19:59
2016/06/06 20:01
2016/05/25 19:49
2016/05/16 19:54
2016/05/09 20:01
2016/05/09 19:59
2016/04/25 19:49
2016/04/25 19:47
2016/04/15 20:20
2016/04/05 19:54
2016/04/04 21:29
2016/03/28 19:58
2016/03/25 20:30
2016/03/16 20:13
2016/03/07 19:51
2016/02/26 19:52
2016/02/25 19:43
2016/02/19 20:12
2016/02/15 21:27
2016/02/05 20:46
2016/02/03 19:49
2016/01/25 20:43
2016/01/15 20:31
2016/01/07 19:47
2016/01/07 19:46
2015/12/25 19:48
2015/12/15 20:48
2015/12/10 20:35
2015/12/10 20:33
2015/12/07 19:43
2015/12/07 14:47
2015/12/01 19:54
2015/11/25 19:44
2015/11/16 19:40
2015/11/05 19:45
2015/10/28 21:41
2015/10/26 20:01
2015/10/19 19:41
2015/10/15 19:47
2015/10/06 20:36
2015/10/05 19:39
2015/09/25 19:45
2015/09/15 19:45
2015/09/07 19:50
2015/09/04 19:49
2015/08/25 19:48

東京創元社メールマガジン(2017年4月25日発行)
☆★☆ =================
○CONTENTS○
1.【2017年5月の新刊案内】
【単行本】J・G・バラード短編全集〈3〉/穢れの町/開化鐵道探偵/イ・チャンホの布石解析
【創元推理文庫】約束/死と砂時計/盗賊と星の雫/ブラウン神父の不信/忘れられた花園〈上下〉/ウサギの天使が呼んでいる/パンドラの少女〈上下〉/江神二郎の洞察/怪物はささやく
【創元SF文庫】巨神計画〈上下〉/地球幼年期の終わり【新版】
==================☆★☆
※このEメールアドレスは配信専用です。このメールに返信しないようお願いいたします。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━
東京創元社公式キャラクター「くらり」のLINEスタンプができました!→ http://www.tsogen.co.jp/news/2016/10/16102815.html
「いっぱい使ってくださいニャ」(くらり)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 2017年5月の新刊案内
------------------------------------------
◆11日刊◆
◇『約束』ロバート・クレイス/高橋恭美子訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
ロス市警警察犬隊スコット・ジェイムズ巡査と相棒の雌のシェパード、マギーは、逃亡中の殺人犯を捜索していた。マギーが発見した家の中には、容疑者らしい男が倒れており、さらに大量の爆発物が。同ころ、同じ住宅街で私立探偵のエルヴィス・コールは失踪した会社の同僚を探す女性の依頼を受けて調査をしていた。幾重にも重なる偽りの下に真実はあるのか。スコット&マギーとコール&パイク、固い絆で結ばれたふた組の相棒の物語。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488115067?mailmag

◇『死と砂時計』鳥飼否宇
(創元推理文庫/国内ミステリ)
死刑執行前夜、密室状態にあった別々の独房で、二人の囚人はなぜ斬殺されたのか――。世界各国から集められた死刑囚を収容する特殊な監獄に収監された青年アランは、そこでシュルツ老人と出合う。明晰な頭脳を持つシュルツの助手となって、アランは監獄内で起きる不可思議な事件の数々に係わっていく。終末監獄を舞台に奇想と逆説が横溢する、渾身の本格ミステリ連作集。第16回本格ミステリ大賞受賞作。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488497026?mailmag

◇『盗賊と星の雫 サラファーンの星3』遠藤文子
(創元推理文庫/国内ファンタジイ)
義賊、黒のジョーは、伝説の宝石〈エステラの瞳〉を盗もうとして、ギルデアの灰色の騎士に捕らえられてしまう。激しい拷問を受け、地下牢に放り込まれた彼を救ったのは、同じ牢に囚われている不思議な老人だった……。ギルデアと連合国の戦いが激化すなか、世界中で次々と未曾有の嵐が起こる。ギルデアに対抗すべくアトーリスが開発した兵器の影響だった。王子ランドリアは母国の暴走を止めようと奔走するが……。シリーズ第三弾。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488573065?mailmag

◇『巨神計画〈上〉』シルヴァン・ヌーヴェル/佐田千織訳
(創元SF文庫/海外SF)
少女ローズが偶然発見した、イリジウム合金製の巨大な“手”。それは明らかに人類の遺物ではなかった。成長して物理学者となった彼女が分析した結果、何者かが六千年前に地球に残していった人型巨大ロボットの一部だと判明。謎の人物“インタビュアー”の指揮のもと、地球全土に散らばった全パーツの回収調査という、前代未聞の極秘計画がはじまった。デビュー作の持ちこみ原稿から即映画化決定、巨大ロボット・プロジェクトSF!
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488767013?mailmag

◇『巨神計画〈下〉』シルヴァン・ヌーヴェル/佐田千織訳
(創元SF文庫/海外SF)
体高六〇メートルを超す人型巨大ロボットのパーツ回収プロジェクトは、様々な困難に遭いつつも極秘裏に進んでゆく。だが計画が進むにつれ、疑問はむしろ増える一方だ――どうやって操縦するのか? そもそも何者が、何のためにこのロボットを地球に残したのか? 人類にこれを利用する能力は、資格はあるのか? ロボットが秘める力の全貌は? やがて計画を察知した各国間の緊張が高まるなか、プロジェクトは急展開を迎える……。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488767020?mailmag

◆22日刊◆
◇『ブラウン神父の不信【新版】』G・K・チェスタトン/中村保男訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
名作揃いのブラウン神父シリーズでも特に傑作が集まっている第三集が、読みやすくなって、新しいカバーでリニューアル! これを読まずしてはブラウン神父は語れないほどの傑作「犬のお告げ」、チェスタトンならではの大胆で奇想天外な密室トリックの名作「ムーン・クレサントの奇跡」、色濃いオカルティズムで後世に多大な影響を及ぼした「金の十字架の呪い」、トリッキーさではシリーズ随一の「翼ある剣」など、珠玉の八編を収録。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488110154?mailmag

◇『忘れられた花園〈上〉』ケイト・モートン/青木純子訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
1913年オーストラリアの港にたったひとり取り残されていた少女。名前もわからない少女をある夫婦がネルと名付けて育て上げる。そして2005年、祖母ネルを看取った孫娘カサンドラは、祖母が英国、コーンウォールにコテージを遺してくれたという思いも寄らぬ事実を知らされる。なぜそのコテージはカサンドラに遺されたのか? ネルとはいったい誰だったのか? 茨の迷路の先に封印された花園のあるコテージに隠された秘密とは?
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488202057?mailmag

◇『忘れられた花園〈下〉』ケイト・モートン/青木純子訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
祖母から英国コーンウォールの崖の上にあるコテージを相続した孫娘カサンドラは、祖母ネルの書き残したノートと謎めいた古いお伽噺集を手に英国に渡る。ネルはなぜ遠い地にコテージを買ったのか? ネルはいったい誰だったのか? 今はホテルとなった豪壮なブラックハースト荘、その敷地のはずれ、茨の迷路の先にあるコテージの手入れを進めるうちに、カサンドラは封印された庭園を見出す。そしてブラックハースト荘の秘密とは……? 解説=川出正樹
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488202064?mailmag

◇『ウサギの天使が呼んでいる ほしがり探偵ユリオ』青柳碧人
(創元推理文庫/国内ミステリ)
上司とのトラブルで会社を辞めた深町さくら。彼女は再就職するまで、兄・ユリオの家に転がり込み、ショッピングサイト《ほしがり堂》を経営する彼の仕事を手伝うことに。節操なく色々なモノを欲しがり、方々から集めたガラクタ(お宝)を欲しい人に売るユリオ。そんな彼が欲しがるモノをゲットしに行くと、なぜか決まって事件に巻き込まれてしまう! 身元不明のゾンビの死体の謎、ゴミ屋敷に隠された秘密など、ほしがりの兄と苦労人の妹がお宝をめぐる数々の事件に挑む。〈浜村渚の計算ノート〉シリーズの著者が描く、ポップで楽しい連作ミステリ。文庫オリジナル。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488476113?mailmag

◇『パンドラの少女〈上〉』M・R・ケアリー/茂木健訳
(創元推理文庫/海外ホラー)
人間としての精神を失い、捕食本能に支配された〈餓えた奴ら〉。崩壊しつつある世界で発見された、持たないはずのものをもつ少女メラニー。この奇跡の少女は世界の救世主なのか? 研究基地を襲う大災厄。そして始まる極限の逃避行――。戦慄の結末で世界を驚愕させ、カズオ・イシグロmeetsウォーキング・デッドと評された、一気読み必至のエンターテインメント! 七月公開映画『ディストピア パンドラの少女』原作が文庫化。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488549039?mailmag

◇『パンドラの少女〈下〉』M・R・ケアリー/茂木健訳
(創元推理文庫/海外ホラー)
〈餓えた奴ら〉は身動きせずに立ちつづける。だが獲物の臭いや音、動きを感知するやいなや、時速60マイルで目標に突進する――ただ食べるために。軍事基地から70マイル以上離れた街ビーコンの政府を目指す五人――奇跡の少女メラニー、彼女を愛してやまない教師、科学者、軍曹と兵士。かれらが目にするのは、荒廃したイギリスと無数の〈餓えた奴ら〉……。危機また危機の旅路、そして衝撃のラスト。圧巻のエンターテインメント。解説=添野知生
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488549046?mailmag

◆29日刊◆
◇『J・G・バラード短編全集3』J・G・バラード/柳下毅一郎監修
(四六判上製)
『結晶世界』『ハイ・ライズ』などの傑作群で、20世紀SFに独自の境地を拓いた鬼才の全短編を五巻に集成。第三巻は小説に新たな次元を切り開いた濃縮小説(コンデンスト・ノヴェル)の代表作「終着の浜辺」、本邦初訳中編「光り輝く男」、単著初収録となる「深珊瑚層の囚人」「消えたダ・ヴィンチ」「火山は踊る」「夢の海、時の風」など19編を収める。特別寄稿=山野浩一
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488010607?mailmag

◇『穢れの町 アイアマンガー三部作2』エドワード・ケアリー/古屋美登里訳
(四六判上製)
月桂樹の館で暮らす男の子ジェームズ。館を逃げ出したジェームズは、フィルチングの町で、決して使うなと言われていた金貨でパンを買ってしまう。それがとんでもない事態を招くとも知らず……。物の声を聞く能力のあるクロッド・アイアマンガーと、召使いのルーシー。世にも奇妙で怖ろしい運命に見舞われた二人の運命は? 堆塵館に何が起きているのか。著者本人によるイラスト満載。『堆塵館』で読書界に衝撃を与えた三部作第二部。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488010683?mailmag

◇『開化鐵道(てつどう)探偵』山本巧次
(ミステリ・フロンティア/四六判仮フランス装)
明治12年晩夏。鉄道局技手見習の小野寺乙松は、局長・井上勝の命を受け、元八丁堀同心の草壁賢吾を訪れる。「京都―大津間で鉄道を建設中だが、その逢坂山トンネルの工事現場で不審な事件が続発している。それを調査する探偵として雇いたい」という井上の依頼を伝え、面談の約束を取りつけるためだった。井上の熱意にほだされ、草壁は引き受けることに。逢坂山へ向かった小野寺たちだったが、現場に到着早々、仮開業間もない最寄り駅から京都に向かった乗客が、転落死を遂げたという報告を受ける。死者は工事関係者だった! 現場では、鉄道工事関係者と、鉄道開発により失業した運送業者ら鉄道反対派との対立が深まるばかり。そんな中、更に事件が……。『八丁堀のおゆう』で注目の著者が贈る、本格鉄道ミステリ。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488017941?mailmag

◇『江神二郎の洞察』有栖川有栖
(創元推理文庫/国内ミステリ)
英都大学に入学したばかりの一九八八年四月、ある人とぶつかって落ちた一冊――中井英夫『虚無への供物』――が、僕、有栖川有栖の英都大学推理小説研究会(EMC)への入部のきっかけだった。アリス最初の事件ともいうべき「瑠璃荘事件」、著者デビュー短編「やけた線路の上の死体」、アリスと江神の大晦日の一夜を活写した「除夜を歩く」など、全九編を収録。昭和から平成へという時代の転換期を背景に、アリスの入学からマリアのEMC入部まで、個性的なEMCメンバーたちとの一年を瑞々しく描いたファン必携の短編集、待望の文庫化。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488414078?mailmag

◇『怪物はささやく』パトリック・ネス/シヴォーン・ダウド原案/ジム・ケイ装画本文挿絵
/池田真紀子訳
(創元推理文庫/海外ファンタジイ)
待望の映画化! 6月9日公開
怪物は真夜中過ぎに現れた。母の病気で苦しむコナーに怪物は三つの物語りを聞かせる。夭折した天才の遺志を継ぎカーネギー賞受賞作家が完成させた、心締めつけるような物語。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488593070?mailmag

◇『地球幼年期の終わり【新版】』アーサー・C・クラーク/沼沢洽治訳
(創元SF文庫/海外SF)
宇宙に進出しようとした人類。そのとき突如として、未知の大宇宙船団が主要都市の上空に現われた。人類進化の一大ヴィジョンを描き、SF史上の里程標となった不朽の傑作!
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488611040?mailmag

◆31日刊◆
◇『イ・チャンホの布石解析』李昌鎬、金成龍/白在旭編集/洪敏和訳
(碁楽選書/四六判並製)
布石はプロでも難解な分野です。まして、アマチュアにはプロの構想を完全に理解することは困難です。布石という分野をいかにしてなじみやすくするかを考慮して、アマチュア側は、絶えず質問し、自分の構想を述べ、それにイ・チャンホが答えるという「会話形式」になりました。世界的な有力者の一人であるイ・チャンホの考え方や発想に触れることで、「布石とはこうあるべきだ」という、布石の原理のようなものに少しでも近づくことは出来るはずです。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488000820?mailmag

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■〈Webミステリーズ!〉
東京創元社の月刊Webマガジン〈Webミステリーズ!〉がデイリー更新になりました!
http://www.tsogen.co.jp/web_m/
------------------------------------------
〈Webミステリーズ!〉2017年4月号コンテンツ(本日までの更新分)
------------------------------------------
【4月24日更新】
北欧ミステリの新女王登場!
久山葉子/『海岸の女たち』訳者あとがき(全文)
http://www.webmysteries.jp/translated/kuyama1404.html?mailmag

【4月21日更新】
全国の書店員さんからも、絶賛の声が続々と届いております
遠田潤子『冬雷』、全国の書店員さんからの絶賛メッセージ!
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-06.html?mailmag

【4月20日更新】
『嵐が丘』のような物語を書いてみませんか?
遠田潤子『冬雷』刊行記念 スペシャルインタビュー
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-08.html?mailmag

【4月19日更新】
新たな姿で現代に甦る名作。
久生十蘭『魔都』
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-10.html?mailmag

【4月18日更新】
〈(株)魔法製作所〉の著者が久々に放つ期待の3部作!
シャンナ・スウェンドソン『ニューヨークの妖精物語』
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-09.html?mailmag

【4月17日更新】
恋人に別れ話を切り出された怪盗が動揺して発したひと言は?
エドワード・D・ホック『怪盗ニック全仕事4』
http://www.webmysteries.jp/topic/1411-02.html?mailmag

【4月14日更新】
ロビンスンの火星三部作は、そうした九〇年代の火星SFを代表する作品なのだ。
渡邊利道/キム・スタンリー・ロビンスン『ブルー・マーズ』(大島豊 訳)解説(全文)
http://www.webmysteries.jp/sf/watanabe1704.html?mailmag

【4月13日更新】
声を大にしては言えないが、問答無用の仕事中毒、フロスト警部の奮戦ぶりは泣かせるのだよ。
【『フロスト始末』刊行記念】温水ゆかり/R・D・ウィングフィールド『フロスト日和』解説[全文]
http://www.webmysteries.jp/translated/nukumizu1704.html?mailmag

【4月12日更新】
超人気警察小説シリーズ最終巻刊行記念!
スペシャル小冊子『フロスト始末 おためし版』を30名様にプレゼント!
http://www.webmysteries.jp/translated/wingfield1704.html?mailmag

愛書家、翻訳家、編集者、校正者必読の書!
『翻訳家の蔵書』大瀧啓裕 特別公開はこれで最後! 第三回 未来の図書舘
http://www.webmysteries.jp/special/ootaki170412-1.html?mailmag

【4月11日更新】
学問にも碁にも王道なし
睦鎮碩監修/李夏林編著/洪敏和訳『良い形に勝機は訪れる』
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-01.html?mailmag

愛書家、翻訳家、編集者、校正者必読の書!
『翻訳家の蔵書』大瀧啓裕 特別公開 第二回 文体修行
http://www.webmysteries.jp/special/ootaki170411-1.html?mailmag

【4月10日更新】
『夏を殺す少女』シリーズ第2弾ついに登場!
アンドレアス・グルーバー『刺青の殺人者』
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-05.html?mailmag

愛書家、翻訳家、編集者、校正者必読の書!
大瀧啓裕『翻訳家の蔵書』特別公開 第一回 疾風怒濤の時代
http://www.webmysteries.jp/special/ootaki170410-1.html?mailmag

【4月7日更新】
この友情はいつまで続く?
芦沢央『今だけのあの子』
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-04.html?mailmag

【4月6日更新】
創元推理文庫のシャーロック・ホームズ全集最終巻、『シャーロック・ホームズの事件簿』をお届けします。
深町眞理子/シャーロック・ホームズの事件簿【新版】 訳者あとがき(全文)
http://www.webmysteries.jp/translated/fukamachi1704.html?mailmag

【4月5日更新】
「名物主人公〈フロスト警部〉の軌跡を振り返る! 完結間近の30ページ大特集」号です
ミステリーズ!vol.82 APRIL 2017
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-03.html?mailmag

【4月4日更新】
前回、クランシー・ロスを主人公とする連作が、リチャード・デミングの代表作となっていると書きました
小森収『短編ミステリ読みかえ史』連載【第97回】
http://www.webmysteries.jp/komori/komori1704-1.html?mailmag

【4月3日更新】
今回は、新刊刊行時などに行う事がある、著者との書店訪問をご紹介いたします。
営業部日誌 出版社営業の仕事 著者の書店訪問編
http://www.webmysteries.jp/lounge/eigyou-1704.html?mailmag

【4月1日更新】
くらりも〈ハルウィン〉の特別外部顧問として、採用面接の試験官で登場!
河野裕『最良の嘘の最後のひと言』プロモーション、採用募集エントリー結果発表!
http://www.webmysteries.jp/topic/1704-02.html?mailmag

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○東京創元社メールマガジンは毎月5日(サイト更新案内)、15日(翌々月の近刊案内)、25日(翌月新刊案内)の配信です(月によって多少前後します)。
------------------------------------------
発行元:(株)東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/
 〒162-0814 東京都新宿区新小川町1-5

本メールマガジンへのご意見ご希望や、東京創元社の出版物に関するお問い合せは、下記の送信用フォームをご利用の上お寄せください。
http://www.tsogen.co.jp/otoiawase.html

mmg@tsogen.co.jp はメルマガ送信用のアドレスで、返信にご利用いただけません。

※配信停止:{DELURL}
または del@tsogen.co.jp へ空メールを送信
※登録アドレスを変更: http://www.tsogen.co.jp/mmg/
------------------------------------------
配信にウィングメーラー http://www.wingmailer.com を利用しています。