東京創元社ホームページ

2017/03/15 20:24
2017/03/15 20:19
2017/03/06 20:44
2017/02/27 21:06
2017/02/15 20:21
2017/02/15 19:45
2017/02/07 20:01
2017/01/26 19:51
2017/01/23 20:58
2017/01/20 19:52
2017/01/16 19:53
2017/01/05 19:59
2016/12/26 20:15
2016/12/15 20:05
2016/12/05 20:27
2016/12/01 16:52
2016/11/25 20:31
2016/11/24 19:54
2016/11/21 20:40
2016/11/15 20:40
2016/11/14 21:17
2016/11/07 20:05
2016/11/04 16:03
2016/10/27 19:48
2016/10/25 20:24
2016/10/17 21:03
2016/10/14 19:59
2016/10/12 19:52
2016/10/11 20:09
2016/10/07 20:53
2016/10/06 21:25
2016/09/26 20:52
2016/09/21 20:51
2016/09/15 20:16
2016/09/06 20:51
2016/09/06 20:26
2016/08/25 20:47
2016/08/17 19:56
2016/08/09 19:58
2016/07/25 20:18
2016/07/22 19:58
2016/07/15 20:04
2016/07/13 20:53
2016/07/05 19:48
2016/07/01 21:57
2016/06/27 19:51
2016/06/16 19:53
2016/06/13 19:59
2016/06/06 20:01
2016/05/25 19:49
2016/05/16 19:54
2016/05/09 20:01
2016/05/09 19:59
2016/04/25 19:49
2016/04/25 19:47
2016/04/15 20:20
2016/04/05 19:54
2016/04/04 21:29
2016/03/28 19:58
2016/03/25 20:30
2016/03/16 20:13
2016/03/07 19:51
2016/02/26 19:52
2016/02/25 19:43
2016/02/19 20:12
2016/02/15 21:27
2016/02/05 20:46
2016/02/03 19:49
2016/01/25 20:43
2016/01/15 20:31
2016/01/07 19:47
2016/01/07 19:46
2015/12/25 19:48
2015/12/15 20:48
2015/12/10 20:35
2015/12/10 20:33
2015/12/07 19:43
2015/12/07 14:47
2015/12/01 19:54
2015/11/25 19:44
2015/11/16 19:40
2015/11/05 19:45
2015/10/28 21:41
2015/10/26 20:01
2015/10/19 19:41
2015/10/15 19:47
2015/10/06 20:36
2015/10/05 19:39
2015/09/25 19:45
2015/09/15 19:45
2015/09/07 19:50
2015/09/04 19:49
2015/08/25 19:48
2015/08/17 19:51
2015/08/05 20:16
2015/08/03 19:44
2015/07/31 19:46
2015/07/27 19:46
2015/07/15 20:26
2015/07/06 20:06

東京創元社メールマガジン(2017年3月15日発行)
☆★☆ =================
○CONTENTS○
1.【2017年4月の新刊案内】※今月は半ばに新刊、月末に近刊をご案内します
【単行本】ミステリーズ! vol.82/良い形に勝機は訪れる/冬雷/青の王
【創元推理文庫】シャーロック・ホームズの事件簿/刺青の殺人者/今だけのあの子/怪盗ニック全仕事4/魔都/ニューヨークの妖精物語/楽園――シドニー州都警察殺人捜査課/海岸の女たち/不良品探偵/夜の夢見の川 12の奇妙な物語
【創元SF文庫】ブルー・マーズ〈上下〉/時間線をのぼろう【新訳版】
==================☆★☆
※このEメールアドレスは配信専用です。このメールに返信しないようお願いいたします。

━【PR】━━━━━━━━━━━━━━━━
東京創元社公式キャラクター「くらり」のLINEスタンプができました!→ http://www.tsogen.co.jp/news/2016/10/16102815.html
「いっぱい使ってくださいニャ」(くらり)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 2017年4月の新刊案内
------------------------------------------
◆12日刊◆
◇『ミステリーズ! vol.82』
(A5判並製)
シリーズ最終巻『フロスト始末』刊行まで待てない! レビュー、ショートショート掲載などで贈る〈フロスト警部〉大特集。本城雅人長編ミステリ&喜国雅彦コミック新連載ほか。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488030827?mailmag

◇『シャーロック・ホームズの事件簿』アーサー・コナン・ドイル/深町眞理子訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
「サセックスの吸血鬼」「這う男」など、ベーカー街221Bを訪れる依頼人が持ち込む難事件、サセックスのささやかな家に隠遁したホームズを待ち受ける事件。『緋色の研究』で颯爽と登場し、たちまち名探偵の代名詞として挙げられるほどの人気を博したシャーロック・ホームズは、全世界のファンを魅了し、いま鮮やかに退場する。「読者諸君、今度こそほんとうにシャーロック・ホームズともお別れだ!」シリーズ最後の作品作品集、全面改訳決定版。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488101244?mailmag

◇『刺青の殺人者』アンドレアス・グルーバー/酒寄進一訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
全身の骨が折られ、血が抜かれた若い女性の遺体が、ライプツィヒの貯水池で見つかった。娘の遺体を確認した母ミカエラは、犯人を捜し出し、姉と共に家出したままの妹娘を探し出そうとする。事件を担当する上級警部ヴァルターは、暴走するミカエラに手を焼きつつ調べを進める。一方ウィーンの弁護士エヴァリーンは、女性殺害の嫌疑をかけられた医師の弁護依頼を受けていた。『夏を殺す少女』続編。ドイツで爆発的な人気を博した話題作。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488160081?mailmag

◇『今だけのあの子』芦沢央
(創元推理文庫/国内ミステリ)
結婚おめでとう。大学時代、新婦とは一番の親友だった。けれど恵には招待状が届いていない。たった六人しかいない同じグループの女子の中で,どうして私だけ。呼ばれてもいない結婚式に向かう恵の運命、そして新婦の真意とは(「届かない招待状」)。進学、就職、結婚、出産、女性はライフステージが変わることで付き合う相手も変わる。「あの子はいつまで友達なんだろう」。心の裡にふと芽生える嫉妬や違和感が積み重なり、友情は不信感へと形を変えた。物語が鮮やかに反転し友情に潜む秘密が明かされたとき、人間の素顔が浮かび上がる。傑作ミステリ短編集。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488474119?mailmag

◆21日刊◆
◇『怪盗ニック全仕事4』エドワード・D・ホック/木村二郎訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
「価値のないもの、誰も盗もうとはしないもの」を専門に独占状態で商売してきた怪盗ニックに、まさかのライバルが登場。〈不可能を朝食前に〉をモットーに、早朝にだけ仕事する美貌の女怪盗サンドラ・パリスと、ニックは仕事先で何度も出会い、ときには競い、ときには協力しあう奇妙な間柄になる……。文庫版全集第四弾は本邦初訳6編、単著初収録5編を含む全15編を収録。この本はお値打ちすぎるため、ニックには決して盗めない!?
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488201173?mailmag

◇『魔都』久生十蘭
(創元推理文庫/国内ミステリ)
『日比谷公園の鶴の噴水が歌を唄うということですが一体それは真実でしょうか』――昭和九年、銀座のバーで交わされた奇妙な噂話が端緒となって、帝都・東京を震撼せしめる一大事件の幕が開く。安南国皇帝の失踪と愛妾の墜死、そして皇帝とともに消えたダイヤモンド――事件に巻き込まれた新聞記者・古市加十と眞名古明警視の運命や如何に。絢爛と狂騒に彩られた帝都の三十時間を活写した、小説の魔術師・久生十蘭の長篇探偵小説。http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488471118?mailmag

◇『ニューヨークの妖精物語』〈フェアリーテイル〉シャンナ・スウェンドソン/今泉敦子訳
(創元推理文庫/海外ファンタジイ)
女優を夢見てNYにきたエミリー。念願かなって舞台で脚光を浴びたその晩、忽然と姿を消してしまった。だが、姉のソフィーにはわかっていた。妹は妖精にさらわれたのだ。なぜならソフィーはかつて妖精界を訪れたことがあったから。妹を救い出さなくては。とはいえ、警察は信じてはもらえまい。妹の友人の刑事の追求をかわしつつ、ソフィーは妹を探し始める。『ニューヨークの魔法使い』の著者が贈る、現代のフェアリーテイル開幕。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488503093?mailmag

◇『ブルー・マーズ〈上〉』キム・スタンリー・ロビンスン/大島豊訳
(創元SF文庫/海外SF)
火星全土に吹き荒れる独立の嵐により、地球の治安部隊は撤退し、軌道エレヴェーターの上端に追いやられる。一滴の血も流すことなく、革命は成功するかに思われた。だが、交渉中、過激な一分派が宇宙エレヴェーターへの攻撃を開始した……。『レッド・マーズ』『グリーン・マーズ』に続き、壮大な火星入植計画をリアルに描きつくしてSF史に金字塔を打ち立てた火星三部作の完結編、ついに邦訳! ヒューゴー賞、ローカス賞受賞作。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488707064?mailmag

◇『ブルー・マーズ〈下〉』キム・スタンリー・ロビンスン/大島豊訳
(創元SF文庫/海外SF)
憲法を制定し、ついに政府を持った火星。人びとは自由を謳歌し,独自の社会システムと新たな文明を発展させていく。だが環境破壊や経済格差などの問題が山積する地球は、広大な火星をいまだ諦めてはいなかった……。荒涼とした赤い原野から緑の大地へ、そして水をたたえた青い惑星へと変わっていく火星の姿を、さまざまな人間ドラマとともに壮大なスケールで描き上げ、星雲賞などシリーズ計11冠を達成した大河三部作、堂々完結。解説=渡邊利道
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488707071?mailmag

◆28日刊◆
◇『良い形に勝機は訪れる』睦鎮碩/李夏林編/洪敏和訳
(碁楽選書/四六判並製)
碁を打っていると、たびたび戦略的な状況になる。本書では、石の急所はどこなのか。石の基本的な知識で感覚を磨き、その活用を考え、様々な場面での急所はどこなのかを学べる。多妻の筋で、序・中盤に良く現れる石の働きを扱っています。部分的な技術を習得し、全局を念頭に置いて判断することにも焦点を当てている。願ってもない本と言える。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488000813?mailmag

◇『冬雷』遠田潤子
(四六判仮フランス装)
大阪で鷹匠として働く夏目代助。ある日彼の元に訃報が届く。12年前に行方不明になった幼い義弟・翔一郎が、遺体で発見されたと。かつて孤児だった代助は、日本海沿いの魚ノ宮町の名家・千田家の跡継ぎとして引き取られた。初めての家族や、千田家と共に町を守る鷹櫛神社の巫女・真琴という恋人ができ、幸せに暮らしていた。しかし義弟の失踪が原因で町を出て行くことになったのだ。葬儀のため故郷に戻った代助は、町の人々の冷たい仕打ちに耐えながら、事件の真相を探るが……。『雪の鉄樹』で最注目の気鋭が濃密な人間ドラマを描く、最高傑作!
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488025540?mailmag

◇『青の王』廣嶋玲子
(四六判仮フランス装)
砂漠に咲く水の都ナルマーンでは、王が魔族を使役して国を護っていた。ナルマーンの首都で泥棒の疑いをかけられた少年ハルーンが、命からがら辿り着いた塔には、一人の少女が閉じ込められていた。ハルーンは自分の名前もしらないというその不思議な少女を助けて塔を脱出、運良くとおりかかった翼船の女船長に助けられる。だがナルマーンの軍があとを追いかけてきたのだ。『妖怪の子預かります』シリーズの著者の異世界ファンタジイ。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488027711?mailmag

◇『楽園――シドニー州都警察殺人捜査課』キャンディス・フォックス/冨田ひろみ訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
3人の若い女性の失踪事件を調べるシドニー州都警察の刑事フランクとエデン。手がかりは3人ともある農場に長期滞在していたことだった。エデンはおとり捜査員として、80人ほどの犯罪者や前科者が働く閉ざされたコミュニティに潜り込み、フランクは監視チームの指揮を執ることに。危険極まりない潜入捜査の行方は? 悪人を狩るためなら手段を選ばないエデンと彼女の秘密を握る相棒のフランク。オーストラリア推理作家協会賞受賞作!
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488179069?mailmag

◇『海岸の女たち』トーヴェ・アルステルダール/久山葉子訳
(創元推理文庫/海外ミステリ)
取材先のパリで失踪したジャーナリストの夫。どうしても伝えなければならないことができて、ただの舞台美術家の私は、ニューヨークから単身パリへと旅立つ。異邦の地での慣れない行方さがしで、ヨーロッパに広がる底知れぬ闇に遭遇し、徐々に強くなっていくわたしは――。スウェーデンで爆発的人気を呼び、世界十三カ国で翻訳出版。スウェーデン・ミステリの新女王による、面白さ無類のエンターテインメント!
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488241049?mailmag

◇『不良品探偵』滝田務雄
(創元推理文庫/国内ミステリ)
「お馬鹿ファンタジスタ」「ネジの抜け落ちた規格外の頭脳を太い鉄筋でつなぎとめている男」……。白城一馬の変り者の先輩、藍須救武を評する言葉は数あれど、端的に言うならば、まさにこの言葉がふさわしい。すなわち「伝説の不良品」。普段はポンコツな藍須だが、自らの高校で、バイト先のタコ焼き屋で、事件を前にすると名探偵となる?! ミステリーズ!新人賞作家が贈る史上最高?のお馬鹿コンビによる新シリーズ開幕。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488499044?mailmag

◇『夜の夢見の川 12の奇妙な物語』シオドア・スタージョン、G・K・チェスタトン他/中村融編
(創元推理文庫/海外ファンタジイ)
SFにもミステリにも分類不能で、かつ異様な読後感を特徴とする小説を、江戸川乱歩は〈奇妙な味〉と称した。本書には幅広いジャンルから入手困難な作品を精選し、本邦初訳作を含む12篇を収める。支配的な母と従順な娘が迷い込んだ町の異様な風習を描くリード「お待ち」、クトゥルー神話と密接な関わりを持つ戯曲〈黄衣の王〉を題材としたワグナーの恐怖譚「夜の夢見の川」など。『街角の書店』に続く日本オリジナルアンソロジー。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488555054?mailmag

◇『時間線をのぼろう【新訳版】』ロバート・シルヴァーバーグ/伊藤典夫訳
(創元SF文庫/海外SF)
2059年。時間局には、過去を監視し復旧することを任務とする時間警察と、時間観光客を過去に案内する観光部がある。歴史の研究者だった青年ジャドは時間観光ガイドとなり、ビザンティン帝国で絶世の美女に出会うが、彼女こそは……。タイム・パラドックスSFの金字塔。星雲賞受賞作を新訳で贈る。
http://www.tsogen.co.jp/np/isbn/9784488649050?mailmag

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■〈Webミステリーズ!〉
東京創元社の月刊Webマガジン〈Webミステリーズ!〉がデイリー更新になりました!
http://www.tsogen.co.jp/web_m/
------------------------------------------
〈Webミステリーズ!〉2017年3月号コンテンツ(本日までの更新分)
------------------------------------------
高島 雄哉『想像力のパルタージュ 新しいSFの言葉をさがして』
第21回 おそるべき対称性――南部陽一郎の卒業論文【前編】
http://www.webmysteries.jp/sf/takashima1703-1.html?mailmag

『名探偵登場6』のその他の短編にも目をやっておきましょう。シムノン、プラザー、ハギンズ、デミング。
小森収『短編ミステリ読みかえ史』連載【第96回】
http://www.webmysteries.jp/komori/komori1703-1.html?mailmag

キャラクタービジュアル大公開&エントリー中間報告!
河野裕『最良の嘘の最後のひと言』
http://www.webmysteries.jp/topic/1703-02.html?mailmag

黒猫の名探偵、リゾートを満喫。事件も解決?!
越智睦/アリ・ブランドン『書店猫ハムレットの休日』訳者あとがき(全文)
http://www.webmysteries.jp/translated/ochi1703.html?mailmag

サイン本プレゼントあり!
ロビン・スローン先生からのメッセージ全文公開&スペシャルインタビュー!
ロビン・スローン『ペナンブラ氏の24時間書店』
http://www.webmysteries.jp/translated/sloan1703.html?mailmag

ミステリ史上最もクールなヒロイン、キャシー・マロリーがアメリカの母なる道“ルート66”上で起きた奇怪な事件に挑む!
キャロル・オコンネル『ルート66』
http://www.webmysteries.jp/topic/1206-05.html?mailmag

クマっぷハウスはどこにある?
文庫版 西澤保彦『回想のぬいぐるみ警部』刊行
http://www.webmysteries.jp/topic/1703-03.html?mailmag

魔導が禁忌とされてきた国を舞台に、因習や偏見と闘う青年を描くファンタジイ
佐藤さくら『魔導の福音』
http://www.webmysteries.jp/topic/1607-03.html?mailmag

たとえ意識のメカニズムを知っていても、今の人類とは異なる形であっても、内心の葛藤はなくなっていないのだ。
橋本輝幸/ダリル・グレゴリイ『迷宮の天使』(小野田和子 訳)解説(全文)
http://www.webmysteries.jp/sf/hashimoto1703.html?mailmag

魔脈という、異世界ファンタジーの新たな鉱脈を発見した〈真理の織り手〉シリーズ
大森望/佐藤さくら『魔導の福音』解説[全文]
http://www.webmysteries.jp/topic/1703-04.html?mailmag

美味しいお料理と事件を召し上がれ――
『ミステリなふたり ア・ラ・カルト』につづく、好評シリーズ続編登場!
【特別掲載】太田忠司『ミステリなふたり あなたにお茶と音楽を』Web連載開始!
http://www.webmysteries.jp/special/oota1703.html?mailmag

松田青子『おばちゃんたちのいるところ』、芦沢央 『雨利終活写真館』…
「ミステリーズ!81号」(2017年2月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その1
http://www.webmysteries.jp/japanese/takii1703-01.html?mailmag

石井光太『砂漠の影絵』、行成薫『ヒーローの選択』、古谷田奈月『リリース』…
「ミステリーズ!81号」(2017年2月号)書評 瀧井朝世[文芸全般]その2
http://www.webmysteries.jp/japanese/takii1703-02.html?mailmag

『SFが読みたい!』ベストSF2016海外篇第3位記念、アン・レッキー『叛逆航路』サイン本を5名様にプレゼント
http://www.webmysteries.jp/lounge/leckie1703.html?mailmag

火星SFの金字塔、K・S・ロビンスン/大島豊 訳『ブルー・マーズ』創元SF文庫より4月中旬刊行
http://www.webmysteries.jp/topic/1703-05.html?mailmag

若島正/ウィル・ワイルズ『時間のないホテル』(茂木健 訳)解説(全文)
http://www.webmysteries.jp/sf/wakashima0703.html?mailmag

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○東京創元社メールマガジンは毎月5日(サイト更新案内)、15日(翌々月の近刊案内)、25日(翌月新刊案内)の配信です(月によって多少前後します)。
------------------------------------------
発行元:(株)東京創元社 http://www.tsogen.co.jp/
 〒162-0814 東京都新宿区新小川町1-5

本メールマガジンへのご意見ご希望や、東京創元社の出版物に関するお問い合せは、下記の送信用フォームをご利用の上お寄せください。
http://www.tsogen.co.jp/otoiawase.html

mmg@tsogen.co.jp はメルマガ送信用のアドレスで、返信にご利用いただけません。

※配信停止:{DELURL}
または del@tsogen.co.jp へ空メールを送信
※登録アドレスを変更: http://www.tsogen.co.jp/mmg/
------------------------------------------
配信にウィングメーラー http://www.wingmailer.com を利用しています。